初心者がゲーム開発で挫折しないための3つのポイント


お久しぶりです!スケットです!

さて、今回はゲーム開発を始めたばかりの初心者の方が、挫折する原因になりうる
3つの注意すべきポイントについて、僕の経験談を交えながら話していきたいと思います。

この記事はこんな方におすすめ!

  • ゲーム開発で挫折してしまった方
  • ゲーム開発を始めたけど自信が無い方
  • ゲーム開発を何から始めていいかわからない方

ゲーム開発に挫折してしまう原因

ありがたいことに、「最近、このブログを読んでゲーム開発を始めたよ!」
と伝えてくれる人が少しづつ増えてきました。

しかし、いざゲームを作り始めたけど、自分の思い通りのゲームを作ることができず、
挫折してしまったという人も少なくないと思います。

実際に僕も初心者の頃、自分には才能がないのではないかと思い、
ゲーム開発から離れてしまった時期があります。

しかしその後、それは僕のやり方にも問題があったということに気づくことが出来ました。
皆さんが同じ失敗をしないように、僕の経験談を参考にしてもらえたらと思います。

1. いきなり規模の大きなゲームを作りはじめてしまう

突然ですが、皆さんはなぜゲームを開発を始めましたか?

ゼルダ、モンスターハンターのような素晴らしいゲームをプレイして、
自分でもこんなゲームを作ってみたいと思ったからではないでしょうか?

僕もUndertaleというゲームに影響を受け、ゲームを作り始めました。
皆さんそれぞれ自分で開発したい理想のゲームというものを持っていると思います。

初心者の方に一番ありがちな間違いは、その自分の理想とするゲームをいきなり
作り始めようとしてしまうことだと思います。

始めてバットを握った人が、いきなりホームランを打つことは出来ないですよね?
それと同じように、初心者の方が何時間かけようと、いきなりクオリティの高い
ゲームを作ることはできません。

僕も初心者の頃、これをやってしまいました。最初からUndertaleの戦闘システムを
再現しようと何日も取り掛かったのですが、完成させることは出来ませんでした。

その頃の僕は、GameMakerStudioの基本的な使い方すら理解していなかったので、
当然の結果ですね。

ただ、当時の僕はそのことに気づかず自分にゲームを作る才能が無いから失敗したんだ
と悲観してしまい、嫌になってゲーム開発からしばらく離れてしまいました。

ただその後、どうしてもゲームを作ることを諦めたくなかったので、どうすればゲーム開発者
としての技術力を身に着けることが出来るのかと調べ始めました。

その時、Downwellというゲームを開発した、もっぴんさんインタビュー記事を見つけました。

そこには、もっぴんさんがゲーム開発の経験がない0の状態から、小さなゲームを毎週つくる
ことで、ゲーム開発者としての基礎力を磨き、”Downwell”を完成させたということが書かれていました。

もっぴんさんでも、最初は小さなゲームを完成させることから始まったということを知り、
小さなゲームを作って経験を積むことは、バットの素振りをするようなもので、
自分の作りたいゲームを実現させるためには、コツコツと経験を積んでいくことが大切なのだと気づきました。

そこから公式のチュートリアルをみたり、わからないことを調べながらゲームを作ることで、
初心者の頃から大きく成長することができたと実感しています。

ゲーム開発を始めたての初心者の方は、まずは小さなゲームをいくつも作って、
技術力を身に着け、理想のゲームへと一歩一歩近づいていきましょう!

どういったゲームから作り始めれば良いの?という人は、このブログで解説しているゲームや
flappy birdのようなシンプルなゲームを作ることから始めましょう!

アステロイドを作ってみよう!パート①

2018年10月27日

2. クオリティーを気にしすぎる

ゲームにおいて、キャラクターの絵やBGMはとても大切な要素の一つになります。
ですが、そこに必要以上に力を入れすぎる必要はないと思います。

もともと、絵をかいたり、音楽を作ったりするのが得意な人は問題ないですが、
小さなゲームを作る目的は、開発者としての技術力を身に着けることにあります。

そういった経験がない人は、フリー素材を使ったり、Asset Storeを利用しましょう。

僕のおすすめのフリーゲーム素材サイト!

2018年10月8日

※Asset Store・・・ゲームの素材や画像を購入できるショップ。
(GameMaker Studioの公式ストアもあるので、また記事で紹介します!)

もちろん、全て自分の想像通りに作るというのが理想ですが、
全て同時進行で学んでいては、到底完成にはたどり着くことはできません。

最初のうちは、ゲームの機能を実装することに力を注ぎましょう
絵や音楽は、外注することができても、自分の理想のゲームはあなたにしか作れません

ゲーム開発者としての基礎力を身につけてから、他のことを始めたとしても
遅すぎるという事はないと思います。

3. 作ったゲームを公開しない

僕が思うに、ゲームを作る最大の目的は、自分以外の誰かに遊んでもらうことだと思います。
どんな小さなゲームでも、完成させたら家族、友達に遊んでもらいましょう!

もっと多くの人に遊んでもらいたいという人は、itch.ioやSNSなどに投稿すると良いと思います!

※itch.io・・・インディーゲームを中心としたゲーム販売サイト。ゲーム開発者が作ったゲームを登録し、販売することも可能。

やはり自分でテストプレイしているだけだと、気づけない事は沢山あります。
自分でプレイしていて簡単に思える難易度でも、他の人にとっては難しいと感じる事もあるので、
他の人の意見はとても参考になります!

また、自分のゲームをプレイして、友達が盛り上がっている姿を見ると本当に嬉しくなります。
その喜びは、ゲーム開発が辛い時でも挫折を回避でき、モチベーション維持に繋がります

まとめ

お疲れ様です!今回はゲーム開発で挫折しないための3つのポイントについて話しました。

僕と同じ失敗をしないように、注意しながらゲームを作ってくださいね!
仮に失敗したとしても、それを良い経験だと思い、自身の成長につなげましょう!

この記事が少しでも、皆さんの役に立った事を祈っています。

質問があればいつでも@hellomanakiまでお願いします!

また次の記事で会えることを楽しみにしています!

スケット
ありがとうございました!
2+

8 件のコメント

  • 自分も中学生の時ゲームを作ろうと思い作って見たのですが、上手くいかず諦めてしまいました、ですがこのブログを見てもう一度やってみようと思いました。本当にありがとうございます!

    3+
    • こちらこそありがとうございます!
      僕にできることであれば、全力でサポートさせていただきます!質問があればいつでも気軽にコメントしてくださいね(*’▽’)

      3+
  • 質問させてください
    オススメしていただいたshaun spaldingさんのComplete Platformer Tutrial Part7をやっているのですが、
    roomをDuplicateしてwallオブジェクトを新しく配置するときにグリッドの交点にしか置くことができません
    どうすれば良いでしょうか
    複製前はグリッドで囲まれた四角に合わせて配置できました

    1+
    • 質問ありがとうございます!
      Spriteの原点を中心にインスタンスが配置されているのが原因だと思います!

      解決法としては、room上に配置されたインスタンスをクリックしてx,y座標の値を調整しましょう!
      null

      1+
      • 解決しました ありがとうございます!
        スプライトの中心を変更したら上手く配置できました
        どうやら途中でインスタンスをまとめて選択して移動させたことで位置がズレたのが原因みたいです

        1+
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    このブログでは、初心者向けにGameMakerStudioを使ったゲームの作り方、プログラミングについての基礎知識を解説しているよ! "自分でゲームをつくってみたい!と思っている人は、是非読んでみてね!