GameMakerStudio アラームとは?


うっほー!ゴッリラだよ~!

みんなは、tobyfox氏による新作”Deltarune“をプレイした!?まだの人もいると思うから、
内容には触れないでおくけど…

僕の中で、またゲーム開発のモチベーションが上がったんだ!!!

Deltaruneのページはこちら

さて、今回は時間を空けてプログラムを実行することのできる、
アラームイベントについて解説していくよ!

1. Alarmとは?

Alarmは、GameMaker Studio(以下GMS)に存在しているイベントのひとつなんだ!

現実世界のアラームのように、指定されたフレーム数が経過すると
アラームイベント内のプログラムを実行するんだ!

使用例としては、数秒ごとにインスタンスを生成、クールダウン処理など
いろんな事に使うことができるよ(*’▽’)

また、GMSでは1つのインスタンスにつき、合計12個までアラームを作成できるんだ!

記述法:


ここで注意してほしいのは、秒数ではなくフレーム数をセットしている点なんだ!

使用例:

例えば、この例だと0番目のアラームを60フレーム後に、実行するようにセットしているよ!

画面に1フレーム表示されるごとに値が1つずつ減っていき、0に達したとき
アラームイベントが実行されるんだ!

ゲームのfps(1秒あたりに表示するフレームの数)が60fpsに設定されていた場合は、
1秒後にイベントが実行されるということだね!(デフォルトは30fps)

最近のゲームは大体60fpsに設定されているから、最初に60fpsに変更しておくことをお勧めするよ!

ゲームのfpsを確認/変更する方法: 画面上の歯車マークをクリック → Game frames per second欄に入力

2. アラームの作成法

アラームについて理解したところで、次にアラームを作成してみよう!

まずは、さっき説明した通りゲームのfpsを60に設定しておこう!

設定が出来たら、空のオブジェクトを作成しよう!


オブジェクトが作成出来たら、アラームイベントを作成してみよう!

①Add Eventをクリック → ②Alarmを選択 → ③Alarm 0

すると、こんな風にプログラムを記述する画面が出てくるよ!

今回は、アラームが呼び出された時、Output欄にメッセージを表示させてみよう!

次に、Create Eventを追加しよう!

①Add Eventをクリック! → ②Createを選択

Create Event内でAlarmを呼び出してみよう!
インスタンスが生成されてから60フレーム後、つまり1秒後にアラームイベントが呼び出されるよ!

それじゃあ、実際にゲームを起動してイベントが実行されるか確認してみよう!

オブジェクトのインスタンスをRoom内に配置 → F5または▷マークをクリック

ゲームが起動したら、画面下のOutput欄を見つめてみよう( ・_・)ジッ
しばらくすると、さっき設定したメッセージが表示されるよ!!

この例だけだと、他のイベントの違いがはっきりしないから、
もうちょっとアラームイベントを実感できるように、プログラムを足してみよう!

Alarm0イベントを開いて、以下のコードを追加してみて!

これは、アラームイベント内でアラームをセットしているんだ!
こうすることで、アラームをループさせることができるよ!

ゲームを起動して、もう一度Output欄を確認してみよう!
二秒毎にメッセージが表示されていたら成功だよ!

まとめ

お疲れ様!これでアラームについての説明はおしまいだよ!

アラームを使うことで、時間を空けてイベントを実行することができるんだ!
現実世界のアラームぐらい役に立つから、しっかりとおさえておこう!

この記事を通して、少しでも皆が新しいことを学ぶことができたら嬉しいな(*’▽’)
質問があればいつでも@hellomanakiで待ってるよ!

また次の記事で会えることを楽しみにしているよ!

ゴッリラ
またね~

 

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

このブログでは、初心者向けにGameMakerStudioを使ったゲームの作り方、プログラミングについての基礎知識を解説しているよ! "自分でゲームをつくってみたい!と思っている人は、是非読んでみてね!