[GMS] 知っておくべき!便利な5つの関数


うっほー!ゴッリラだよ!

最近、朝起きるのが辛くなってきたよね(;´・ω・)
おいらは毎朝、アラームを5つセットして何とか起きることができているよ‼

関数についての記事でも話したけど、GameMakerStudio(以下GMS)には、
あらかじめ便利な関数がいつくも用意されているんだ!

今回はその中から、知っておくべき便利な関数を5つ紹介するよ!

関数については、こちらの記事をチェックしてね!

[GMS] 関数の種類と使い方を解説

2018年10月28日

5つの便利な関数

1. random_range(n1,n2)

記述法:

引数 説明
n1 乱数の最小値
n2 乱数の最大値

戻り値: n1~n2の実数

機能:
irandom_range関数は、引数として与えられた範囲から、ランダムに値を返してくれるよ!
戻り値は、必ずしも整数になるとは限らないんだ!

例えばこの例だと、1~100の範囲からランダムに値が返されるけど、
値が56.9のような実数になることもあるから、使用するときは注意が必要だよ!

毎回整数を返してほしい場合は、iを先頭につけるんだ!

こうすることで、範囲内からランダムな整数値が返されるようになるよ!
この例だと、1~100の範囲内から整数値が選ばれるよ!

注意
GMSでは、デバッグを効率化するためにseed値というものが使われていて、
この関数を呼び出した時、最初の戻り値は毎回同じ値になるんだ!
randomize()関数を使うことで、それを避けることができるよ!
詳しく知りたい人はここをチェック!

2. instance_create_layer(x,y,layer_id,obj)

記述法:

引数 説明
x x座標値
y y座標値
layer_id レイヤー名、またはid
obj オブジェクト名

戻り値: 作成されたインスタンスのid

機能:
instance_create_layerは、指定したレイヤー上のx,y座標に、オブジェクトのインスタンスを作成してくれる便利な関数なんだ!

戻り値として、作成されたインスタンスのidが返されるので、変数に代入することもできるよ!

使用例:

オブジェクトやインスタンスについて知りたい人は、この記事をチェック!

【GMS】オブジェクト、インスタンスとは?

2018年10月20日

3. show_debug_message(string)

記述法:

引数 説明
string Output欄に表示される文字列

戻り値: なし

機能:
show_debug_messageは、GMSのOutput欄に、引数として渡した文字列を表示してくれるんだ!
他のプログラミング言語で言う所の、printのような働きをするよ!

注意
数値と文字列を同時に表示したい場合は、string関数を使って数値を文字列に変換するよ!
小数点以下2桁以上の数値を表示したい場合は、string_format関数を使う必要があるんだ!
詳しくはこちら

使用例:

実行結果:

4. instance_destory()

記述法:

引数 説明
id インスタンスのid/オブジェクト名
boolean 消去イベントを実行するかどうか

戻り値: なし

機能:

  1. idを渡した場合:
    そのidを持ったインスタンスをゲームから削除
  2. オブジェクト名を渡した場合:
    指定したオブジェクトの全インスタンスを削除
  3. 何も渡さない場合:
    関数を呼び出したインスタンスを削除

二つ目の変数は、True/Falseを渡すことによって、インスタンスが消去された時に
呼び出される、Destoryイベントを実行するか指示することができるよ!
何も記述しない場合は実行されるよ!

5. keyboard_check()

記述法:

引数 説明
key 入力を確認したいキー

戻り値: 真偽値

機能:

keyboard_checkは、指定したキーが押されている間、Trueの値を返すんだ!

  1. keyboard_check():
    指定したキーが押されている間、Trueの値を返すよ!
  2. keyboard_check_pressed():
    指定したキーが押された時、Trueの値を返すよ!
    この関数は一度だけ実行され、もう一度呼びだされるためには一度キーを
    離す必要があるんだ!
  3. keyboard_check_released():
    指定したキーが離された時、Trueの値を返すよ!
    この関数は一度だけ実行され、もう一度呼び出されるためには一度キーを
    押しなおす必要があるんだ!

使用例:

まとめ

今回は、よく使うことになる便利な関数を5つ紹介したよ!

GMSには、他にも沢山の便利な関数が用意されているから、
一度公式サイトの関数リストに目を通してみてね!

この関数って何?どう使うの?といった疑問があれば、
いつでも僕@hellomanakiに質問してね!

ゴッリラ
それじゃあ!また次の記事で会えることを楽しみにしているよ!
1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

このブログでは、初心者向けにGameMakerStudioを使ったゲームの作り方、プログラミングについての基礎知識を解説しているよ! "自分でゲームをつくってみたい!と思っている人は、是非読んでみてね!